助成金

助成金の申請の可否は、雇い入れ計画を立てた時から、始まっています!!

雇い入れの前に必ずご相談ください!!

こんな時、助成金を忘れていませんか?

人を雇う時
社員の待遇を変える
社員研修をする時

例えば・・・こんな助成金があります!!(平成28年11月末現在)


人を雇う時

 ▶  職務経験の浅い人を雇う

トライアル雇用奨励金 :フリーターや未経験者に仕事を提供したい事業主様。

 ▶  障害者を雇う

障害者初回雇用奨励金 : 障害者の雇用に初めてチャレンジする事業主様。

 ▶  中高齢者を雇う

特定求職者雇用開発助成金 : まだまだ元気なベテランを雇用したい事業主様。

高年齢者雇用安定助成金 : ベテランを活用して、業務を拡大したい事業主様。

社員の待遇を変える

 ▶  女性を活用する

両立支援助成金 : これからは「女性の時代!!」と考える事業主様。

 ▶  有期契約・派遣労働者・パートタイマー等を活用する

キャリアアップ助成金 : 新規採用より、今いる人材の処遇を高めたい事業主様。

▶  高年齢者を活用する

65歳超雇用推進助成金 : 「65歳」を超えて従業員を継続して雇用することを検討している事業主様。

▶   賃金制度など従業員定着のための制度を導入する

職場定着支援助成金 : 「メンター制度」の導入や、「賃金制度」の導入などを通じて、従業員の定着を検討している事業主様。

社員研修をする時

キャリアアップ助成金 : 人材開発で企業の競争力を高めたい事業主様。

キャリア形成促進助成金 : 人材の更なる活用を考える事業主様。

助成金のメリット

メリット1

財源は事業主が全額負担している雇用保険料なので、返済義務のある銀行の借り入れや公的融資などと違い、当然の権利として受けることができ、しかも原則使い道は自由、特別な制限もありません

メリット2

助成金が支給されること自体、会社にとってひとつの大きな実績となりますので、助成金を受けることで、公的融資制度等の審査も通りやすくなります。

助成金受給のポイント

助成金受給のポイント

率直に言って助成金の受給には、かなり煩雑な事務処理が必要になります。確かに、事業計画作りや助成金を申請するか否かの決断は、経営者の仕事ですが、情報収集や事務手続きは、何も経営者自身が行う必要はありません。

むしろ、受給までの時間と手間を考えると、外部の専門家に頼んだほうが得策だと言えます。

助成金の申請代行は、社会保険労務士のみです。

ぜひ、当社労士事務所にご相談下さい。一緒に夢を実現していきましょう。

お問合せ
My Komon 会員サイト

↑会員様専用↑

My Komon ドットコム

↑デモ画面↑

メルマガ登録
マイベストプロ
鬼の法務部
社労士開業予備校
facebook

◆労務管理Q&A

  退職金
  就業規則
 > 助成金
  労災保険